あいも変わらず戦中無休で武禄七〇八。

こちらに引っ越しました。

久しぶりに着たらなんだかね、一日平均3.3人の方が見に来てらっしゃるそうで。

すいませんお知らせもろくにしませんでした。

上のリンクから新しい武禄七〇八、よろしくお願いします。

ほれではむこうで。
[PR]
# by blog708 | 2005-05-08 12:20 | 引越しのお知らせ

武録七〇八。

毎度708です。

いきなりリンクして見ました。

さて画面右にも書いてありますが、引っ越し始めました。
徐々にあちらに移っていくことになりますので、引き続きご愛顧よろしくお願いします。

今回の記事は、向こうがメインですから、あっちにいって見てもらうのがいいと思います。

さっき気が付いたんですが、武禄の禄の文字が、あっちは録なんですよ。
何にも考えずに変換しただけなんですけどね。

ホームページをはじめて、ブログに記事を書くようになって、節目が来る度にブログを変わってるんですよ。っても狙ってないんですけどね。自然と、色々変わりたくなる時期がおんなじなわけですね。

これから武録七〇八、がっつり書くことになりそうです。
お気楽な感じはまぁ書く人間がこれですからね、そんなに変わらないかもしれませんが、もっとこう腰を入れた記事を書いてきます。

得とごらんあれ。

あ、そうだ、4月の18日に帰国決まりました。やっべ後一ヶ月。

きゅわぁー。
[PR]
# by blog708 | 2005-03-14 05:32 | トラックバック。

お知らせ。

毎度ご愛読ありがとうございます、武禄708です。
さて今日もインタネット屋さんなんですが、
なんともハイパーな事に、現在2つのパソコンを同時に扱っているんですよ。

すげー初めて転がる椅子が本当の意味で役に立っている。動きやすい。

というのはですね、あたしのパソコンをインタネット屋さんに持ち込みまして、ソフトを落としたり、必要な更新をしたりしているところ何です。

もうすぐ日本に帰る人間が何をやっているんだ、もっとイタリアを楽しまなければだめじゃないか、などとご指摘の内なる声がしますが、まぁそういうわかりづらい話は別。

さて何でそんなにハイパーなのか、ハイパー708なのか。もしかして709にバージョンアップか。

実はですねぇ、ブログをまた引っ越すことになるんですよ。

ここ、エキサイトさんは何も問題はありませんでしたし、むしろ使いやすかったんですが、もろもろも事情、それは新しい武禄七〇八を見てもらえば察していただけると思いますが、ともあれ引っ越します。

もう少しこっちにいて記事も書きますが、帰国前には引っ越し完了の予定です。

しかし落とす情報の量がひどく多い。さっきはメリケンだかエゲレスだかわからねぇ、イタリアで堂々と英語で喋りかけてくるくるくるパーマにねぇちゃんにパソコンの電源を抜かれて作業が中断だけならまだしも大変な事になる。。。むぅ。

ちょっとあれだ、まだなんか向こうのパソコン頑張って仕事してるから愚痴を書いてやろう、いや批判だ批判。

あのなぁ外国人、イヤ言ってやろうアメリカだ。メリケン人。てめぇこんにゃろう、人様の国にきてやがんだったらよう、挨拶ぐれぇこの国の言葉で言うもんじゃぁねぇのかい。
いやまぁ百歩譲って言葉がわからねぇとしようや、まぁそれにしたって人様の国にくるにゃぁ払うべきモンがたんねぇたぁ思うがよ。
てめぇらの国が、てめぇらの言葉が世界の標準語だぁなんてのはなぁ、そうしたいヤツがするだけの話であってな。

この国で普通に暮らしてらっしゃる方々がてめぇらの言葉に何の興味ももたねぇのがおかしいだなんてぱーちくりんな事思ってんじゃねぇぞ。

あたりまえに英語で喋りかけてくんじゃねぇ。
わからねぇからって、イタリア語で答えたからっていちいち腹立ててんじゃねぇ。

てめぇら客人として、この国の方々に迎えていただいてんだ。手前らのあみゅーずめんとぱぁくじゃぁねぇんだ。ここは人が暮らしているところなんだよ。

礼だの儀だの、言って分かるかどうかわからなぇが、恥ずかしいと思いやがれ。

何もイタリア語喋れとはいわねぇ。そりゃ簡単な話じゃねぇからよう。
だけどな、人様の国にきて、いろいろ見せてもらってんだって事、忘れちゃぁいけねぇ。
お願いしますって気持ちがなけりゃよう、見せたくねぇってひとが、かかわり会いになりたくねぇって人がいるぐれぇ分かるだろうが。

もう一度言う。いや書く。

てめぇら客人として、この国の方々に迎えていただいてんだ。手前らのあみゅーずめんとぱぁくじゃぁねぇんだ。ここは人が暮らしているところなんだよ。


えー。落ちがつきません。じゃまた。
[PR]
# by blog708 | 2005-03-11 01:53 | 日記。

ダリオ チェッキーニ。

708です。

さてカリスマ肉屋で見習を始めて2月になります。

期間限定という事よりも、ダリオの性格でしょう、何よりも教えること、技を、心をつないでいくことが大事なんだ、といってくれます。

聞いたことは残らず教えてくれて、忙しいさなかに手を止めて丁寧に教えてくれることもあります。
やらせてくれ、と頼めばなんでも何度でもやらせてくれます。

まぁ暇ではないですし仕事もありますから、ずっとその調子というわけではないですが、

「お前がここを出て行くときに、全てのことが分かっているようにしよう。」

と言ってくれています。


働く以前から彼の人柄は聞いていましたし、何より仕事の誠実さに惹かれます。

こないだ、改めてダリオの考えに深く感動と言うか、また考えさせてもらいました。


うちの店ではビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを買うときは、予約をしないといけません。
あたしも始めは、何でわざわざ予約しないといけないんだろう、そんだけ欲しい人がいっぱいいるからだろう、何て思っていたんですが、ある日のこと。

やはりよく予約無しできて、ビステッカが買えないお客さんがいるんですよね。
それでまぁイタリア人ですから、いろいろ文句を言うんですが、ダリオの返事がこう。

「牛一匹から取れるビステッカってのは決まってるんだよ。
みんなが欲しいって言ったって牛一匹からはこれしか取れない。
俺の仕事はビステッカを売る事だから、売らないってんじゃないんだよ。
ただ欲しいんだったら先に言っといてくれないとな。」

との事。

考えてみれば、いや考えなくても牛一匹から取れるビステッカに限りがあることは誰にでも分かっているんですよね。
みんながどれだけビステッカを食べたくても、世の中にいる牛の数以上は取れないわけですし、ビステッカばかり食べていたら他のお肉があまる、悪くしたら捨てなければいけないかもしれない。
だから、牛のある部分だけを食べたい、と言うのは一種のわがままなわけです。

とはいえ牛一頭の命に対して、余すところなく食べて、牛の命を人間の命につなげていく、と言う責任を各人が追うこともなかなかできないですし、その責任を負わないと食べられないのであれば、なかなかお肉が食べられなくなってしまいます。

そこでお肉屋さんが、牛一頭の命を余すところなく生かすために、皆さんに上手に分ける役をしている。

ダリオの一言でそんなことを考えました。
いや考えたと言うよりは思い出した、気がついた、と言うほうが正しいですか。
あたりまえであるべきことですもんねぇ。

牛を育ててくれた人がいて、牛を食べて生きていく人たちがいて、
その間にいて、うまく事が運ぶ様にする役割としての肉屋。

そういえば太公望も一説では上手に料理を分けた人、と書かれているものもあるそうですねぇ。
奥が深い。

その役割の上に、食べることの喜び、美味しいという事を伝えていこう、広げていこうと言う姿勢。
上にって書きましたけれども、まぁどっちが上でも下でもないかもしれないですけどね。

なるほどこれぞ肉屋道。
人と牛、命と命、進みつづける時間の流れの中でそれを繋いで、進んで行く肉屋という技、心。


なんていろいろ書いたところで、ビステッカはうまいわけでね。

そんなこんな考えていると、やはり最後にダリオの言葉に行きついたので、それを最後に今回の記事を締めさせていただきます。では、

W LA CICCIA!
ワ・ラ・チッチャ!


お肉万歳!

[PR]
# by blog708 | 2005-03-09 07:09 | イタリア人。

ちょっと待って。

ふむ。708です。

さて帰国も近づいてきたこのごろ、考えることも増えています。

言ってしまえばここイタリアは半現実世界なんですよね。
それが日本に、現実に帰ろうとしているわけです。

イタリアで様々なことを勉強しました。成長したと自信を持っています。
でもその一方でイタリアに慣れてしまって、日本でやりづらいことも多くなったと思います。

さてその辺は帰ってみていざ、困ってからほら、とやっつけていけばいいわけですよ。
でもね、不安です。 不安なんですよねぇ。

や、そりゃ何とかはなるでしょう。
ただその何とかでいいかどうかは別の話ですよね。

題にちょっと待ってと書いたものの、誰も何も待ってはくれないわけで。
こうインターネットを眺めているとき、半分まで行かないにせよ、日本と繋がっている感じがあります。

それはまだまだイタリアにいる、という頃は懐かしくてうれしい物でしたが、今この時期、実は恐いんですよねー。
インターネットで現実を眺めていると、こんなことしてる場合だろうか、という気持ちになります。
そしてインターネット屋さんから出た後、見ているだけで何もしていない、出来ない自分に気がついて、落ち込みます。

イタリアにいるならイタリアにいる価値のあることをすべきだ、と思うんですが、
先にも書いた現実へ帰る準備、というのに気をとられています。

とられているといっても眺めているのがほとんどなんですが、それでも何か、準備をしなきゃ、という気になってしまうんですよねぇ。何ができるわけでもないのに、と思えないというかなんというか。

む。

環境の変化で自分という人間も変わりますよねぇ。
その変わった先の自分が、今の自分と繋がりがないはずはないんですが、変わることを認めることが、今の自分の否定になるはずもないんですが、そういうことを考えて一人うんぬん言っている今日この頃ですよ。


さて、いっちょまた押してかないとなぁ。
[PR]
# by blog708 | 2005-03-08 00:52 | 日記。

ミケランジェロのダビデ像。

708です。

さてフィレンツェに住んで3年目で初めて、有名美術館に入りました。
アカデミア美術館、有名なダビデの像があります。

画像出したいんですが、インタネット屋さんなので、やり方がよく分かりません。というか出来ると思うんですが、めんどくさい。

まぁそれは置いといて、見てきましたダビデ像。
ゴリアテを倒したのであろう投石器を肩から回して、宙にガンをくれているダビデ。
やっぱり本物って迫力あるんですねぇ。

なんか、もっと無機質な感じに思っていたんですが、もっと生っぽいというか、まぁかっちょいいんですよねぇ。なるほど名作。

他にミケランジェロの製作途中の石造がたくさん展示されていたんですが、あれもすごかった。
どこかで彫刻というのは、石の中に眠っている本質を探し当てることだと書いてあるのを読んだことがあるんですが、
つまり石は、なるべき形が彫られる前から決まっていて、彫刻家はそれを探して彫り出す、という事らしいんですけどね、
あのミケランジェロが彫っている途中の作品を見れば、納得なんですよ。

なんと説明したらいいんでしょうかね、こう、一直線に彫り進んでるんですよ。
全体的に形を整えていくんじゃなくて、先に書いたように、本当に石の中から像が出てくるように、彫刻というか発掘のような、そんな表現でいいんでしょうか。

それほど芸術に関心があるわけではないんですけども、やはり名作といわれるものには、こう納得がありましたね。

フィレンツェにいるうちにもういくつかある有名美術館にも行かないといけませんねこりゃ。

他にも小さな協会の一室にある壁画や、もちろんそこらへんのなんでもない教会だって何百年という歴史があるものばっかりですからね、見るものには困らないわけですけども、
時間も興味もあんまり無いんでね、有名美術館の美味しいどこ取りをしましょう。

これぞ贅沢。


しかし美術館ってのはどうしてあんなに疲れるんでしょう。
[PR]
# by blog708 | 2005-03-07 05:56 | 日記。

右と右。左と左。

まず右手と右足を同時に出して、次に左手と左足を同時に出して、
歩くことは出来ても、走ることが出来ない。んですよ。

できる人いますか?

708でした。
[PR]
# by blog708 | 2005-03-06 05:29 | 日記。

先々。

さて何回も書いていますが、イタリアを引き上げて日本に帰ります。

おっとそうだ708ですよ。毎度。


さて、では日本でなにをしようかなと。考えてるんですよ。

とりあえずやる事はあるんですが、それはずっと続ける事ではないんですよね。
まぁ3ヶ月を目安におしまい。

その後なんですけどねぇ。

それなりの歳になってから、ここまで自由にやる事を選べる事ってなかったんですよ。
ほとんどの人は、仕事をはじめたらとりあえず仕事をしなければいけないことになりますよね。

仮に仕事をやめたとしても、いろんな理由ですぐに次の仕事を探さなければいけなかったり、
仕事を辞めるときにはもう次の仕事が決まっていたりと、
とにかく自由な期間があんまりないように思うんですよ。

それが今のあたしはね、日本に帰ったら何をするのも自由なんですよ。

もちろんあたしの基本はコックさんなんですが、よいコックさんになるためにはいろんな勉強をしないといけないと思うんですよ。
だもんで今お肉屋さんやってるわけですけどもね。

その勉強というのも、食に関する事はもちろん、いろんな範囲の勉強をしたらいいと思うんですよ。
日本に帰ったら自由って言うのはね、具体的に言うと、それほど収入がなくても何とか生きてはいけるんですよ。
だから、お給料をもらうために就職をしなくてもいいんですよ。

じゃぁね、何か勉強のため、お給料とかあまり関係なく、勉強のために時間を使えるんです。
じゃぁ何をしようかなぁと、近頃思うんですよ。

普通に、帰ってすぐにレストランなりに就職してしまうのはちょっともったいないと思うんですよねぇ。
この、自由な期間をどう使いましょうかねぇ。

まぁいくつか考えてる事もあるんですがね。
ま、1個づつ、もしうまく行けそうなら2つでも9つでもいっぺんにやっていきますか。

んー。
[PR]
# by blog708 | 2005-03-05 06:40 | 日記。

今日もネット屋さん。

毎度どうも。今日も大雪でした。寒い708です。

何でも50年ぶりの大雪だそうですよ。

さてねぇ。

話しは変わりますが、今まで自分のパソコンで記事書いてたんですよ。
だからね、記事を書いてからいくらかでも、
文章の手直しやら間違いの修正やらをして、接続して、投稿していたんですよ。

でも今ネット屋さんでしょ。
接続しっぱなしじゃないと使えないし、何だか落ち着いてかけないからこう、なんかおかしいんですよねぇー。

色々書きたいことはあるんですが、落ち着いてかけないと書く気がしないんですよ。

しかもこのパソコン、日本語書けるこた書けるんですが、海外のパソコンに日本語を書かせてるわけですから、もう誤変換がすごいんですよねぇ。

ちょっと試してみましょうか。

ーーーーーーお試しーーーーーーーー
皆さんどうも、708です。
最近のトスカーナ地方は雪ばっかりで、すごく寒いです。
毎日現チャリを一時間近くこいで通勤しているアタシとしては、寒いし危ないし、本当に死にそうです。
バスで通えば医院ですが、お金もかかるし、何より乗り物に弱いので何かと現チャリのほうが都合が医院ですよねぇ。
ーーーーーおしまいーーーーー

あれ?あんまり変にならないですねぇ。
こん畜生人が真面目に書きたいときには変な変換ばっかしやがるくせに、テメェコラ。
[PR]
# by blog708 | 2005-03-04 02:37 | 日記。

気になる。

最近は住んでる家でインターネットができないので、インタネット屋さんに来ているんですよ。

おっとご挨拶が遅れました708ですこんにちわ。こんばんわ。時差は8時間です。

でですわ。
何が気になるかというとですね、ネット屋さん、といってもこっちの、イタリアのネット屋さんはですね、日本の漫画喫茶みたいにきっちり仕切られていないんですよ。

隣りの画面なんか見たければ見えます。
まぁ覗いてたらおかしいですし、それに何語で見てんだかちっとも分からないし、
普段は気にもならないんですがね。

今日、今回この記事を書く前、あいてるパソコンを探して店内をうろうろしていた時。

あっちのパソコンとこっちのパソコンで、どうもカメラ付きでチャットしていたみたいなんですけどね、どっちの画面にも同じ女の子が移ってるんですよ。

詐欺ですかね?

だまされてんですかね?
それともそう言うもんなんですかね?
[PR]
# by blog708 | 2005-03-03 07:18 | 日記。